荘厳ミサ曲

 

ベートーベンがルドルフ大公の大司教就任祝いとして作曲したものです。1823年に発表された晩年の大作です。カトリックの典礼に基づきながらも自由に作られています。