わかきわれらは

讃美歌Ⅱ編142番。もともとはドイツの学生歌として歌われていたメロディです。これに岸本和世が若者の献身の表現としての歌詞を書き、賛美になりました。