加藤楸邨

 

  俳人。新潟の出身で中学時代に洗礼を受けています。長崎の浦上天主堂に立って句を読んでいたり、バビロンの廃墟の跡地に立って、句を読んだりしているところに信仰が伺われます。