トマス・アクィナス

 

  中世キリスト教最大の神学者と呼ばれる人物です。彼の著者「神学大全」は多くの影響を与え、現代においてもよく知られています。アリストテレス哲学を用いて、キリスト教信仰を弁証しました。