死の家の記録

ドストエフスキー。シベリアの収容所に入れられた男が過酷な環境の中でキリスト教信仰を深めていく物語。主人公は著者の投影とも考えられています。