おぎん

 

  芥川龍之介の短編小説。芥川はキリシタンものと呼ばれる作品を多く書いていますが、この作品もそのうちのひとつです。