豊かな交わり

 

教会暦では6月11日は三位一体主日と言います。何年か前におひとり様という言葉が流行りました。神様はおひとりさまではありません。唯一ではあっても父・子・聖霊の神としてつながりの中に生きる神です。人と人とのつながりが薄くなった現代。自分なんか誰の役にも立たないとひとりぼっちに悩む者も、神との豊かなつながりの中に招かれているのです。この天への太い線こそが、人と人とがつながりあっていく原点でもあるのでしょう。私たちもこのいのちの交わりへと呼ばれているのです。