マルシリオ・フィチーノ

ルネサンスが華やかだった時代の15世紀のフィレンツェで活躍しました。プラトンの全著作をラテン語に翻訳しています。このような人文主義的姿勢は、キリスト教に反することではなく、信仰の再生のための媒体であると信じられていました。