グレゴリオス・パラマス

14世紀の正教会のクリスチャン。20歳ころ、正教の聖地アトス山の修道院に入り、正教の霊性のあらわれであるヘシュカスモス(静寂主義)の信仰伝統の中に自らを置きました。のちにテサロニケの大主教になります。