望郷と海

石原吉郎による詩集。シベリア抑留での体験を文学にまで昇華させたと言われています。彼の詩はキリスト教信仰抜きには語れません。聖書のローマ書を読み、その影響もあると言われています。