プチジャン

パリ外国語宣教会の宣教師として、幕末に来日。長崎で活動します。今も残る大浦天主堂を建てます。当時はフランス寺と呼ばれました。250年ぶりの世紀の隠れキリシタン発見のニュースはこの神父から世界中に伝わり、衝撃となりました。