神の飛び火

 

高橋たか子の小説。著者は1975年に遠藤周作の勧めで洗礼を受けています。京都市の女子カルメル会に入会し、修道生活を送っていた時期もあります。