バベットの晩餐会

デンマークの小説家カレン・ブリクセンの作品。牧師のふたりの娘のところにパリ・コミューンを逃れて亡命してきた女性が転がりこむことからストーリーが展開します。