アルベルトゥス・マグヌス

 

13世紀のドイツのキリスト教神学者。レーゲンスブルクの司教もつとめた。アリストテレスの著作を検証し、注釈書を多く著しました。スコラ哲学のトマス・アクィナスの師として知られている。