波紋

 

ドイツのルイーゼ・リンザーの小説。南ドイツの主人公を取り巻く世界はローマカトリックの世界で教会の歳時記やミサの様子が小説にも書き込まれています。