異国船打払令廃止

 

江戸幕府が異国船打払令を廃止したのが1842年の今日です。三浦綾子が小説の題材にしたモリソン号事件への批判もきっかけになりましたが、開国とキリスト教宣教に向けてのひとつの転機になりました。