ビリオン神父

 

ビリオン神父。カトリック奈良教会で奉仕。1930年詩人中原中也は京都に遊んだ折、奈良に回り、神父を訪ねている。前任地が山口で中原家と親交があった。中也の周辺にはクリスチャンが多く、作品にもキリスト教の影響が深いとも言われる。