マルコ16章1節~8節

 こちらから説教を音声でお聞きになれます。

           「お会いできる」

  人間には絶対に乗り越えることのできない最大の問題があります。それは死ぬということです。どんなに長生きしても、誰もこの死から逃れることは出来ないし、死亡率を下げることも出来ません。イエス様ご自身も罪人として死なれました。人間はこの死に対して不安と恐れを抱いています。しかしイエス様はこの人類最大の問題を乗り越え、解決してくださいました。それが復活という出来事です。

  

十字架で死なれたイエス様の遺体は、安息日を前にして粗雑に扱われた感じで、香油を塗ったり、丁寧に埋葬したりする時間がありませんでした。安息日には仕事をしてはいけないという決まりがありました。イエス様に仕えていた3人の女性たちは、イエス様を失った深い悲しみ、痛み、寂しさを味わっていたことでしょう。そして安息日の間やきもきしながら、香油を買って塗りに行くことを相談していたことでしょう。ようやく安息日が終わり、早朝に香料を買い求め、お墓へ一目散に向かいました。

  

ここでおかしなことがあります。あれだけ香料のことを早朝から買い求めていたのに、肝心のお墓の入口にある大きな石をどうやってどけるのかを考えていなかったのでしょうか。いやそもそも、女性たちは香油を塗ることが目的でお墓に行ったのでしょうか。習慣として遺体に香料を塗るためだけに、お墓に向かったのでしょうか。もしかすると女性たちの気持ちは悲しみを抱えながら、もう一度イエス様にお会いしたいという一心だったのではないでしょうか。

  

女性たちはイエス様に救われてから、イエス様にお仕えし、恩返しのようにお供してお仕えしてきたのが、当たり前の生活になっていたのです。それが埋葬にさえ携わることが出来ず、最後の最後まで、イエス様にお会い出来ずにもどかしい思いをしていたのではないでしょうか。しかし例えイエス様にお会い出来ても、それはイエス様の死という現実を突きつけられるだけで虚しさが残るのではないでしょうか。にも関わらず彼女たちがお墓に行ったのは、イエス様にお会いしたいということと、自分たちの出来る精一杯の務めを無我夢中でやりたいと思っていたのでしょう。

  

お墓に着くと石がどけてあり、真白な衣を着た若者がいます。そして女性たちの気持ちに答えるかのように、イエス様は復活された、ガリラヤに行けばお会い出来ますと、語りました。面白いことにここの個所では復活のイエス様の姿は出てきません。これは現代に生きる私たちも同じ状況です。目には見えませんが、イエス様は復活して今も生きて働いておられるのです。それをどうやって知ることが出来るのでしょうか。ここではガリラヤに行けばいいわけです。つまりみ言葉に従えば、復活のイエス様にお会い出来るのです。生き生きと今なお働いておられるイエス様にお会いすることが可能なのです。

  

ところが女性たちはあまりの驚きで墓から逃げ去ったとあります。信仰の世界は驚きと、おののきに満ちています。ワンパターンや慣れではありません。常に新鮮で生きて働かれるイエス様とお会いするのです。私たちの人生は女性たちのように悲しみや痛みを覚えながら、それでも無我夢中で歩み続けるしかありません。まるでお墓に生き急ぐかのように。ところが、イエス様の復活によって絶望を希望に変え、無力な私たちと共にいてくださるのです。それが復活の恵みです。み言葉に従うことで、生き生きと働かれる復活の主にお会いし、主の復活を伝えていきましょう。