北の国から

 

80年代を代表するドラマですね。主人公の純と蛍が、キリスト教の「主の祈り」を祈る場面がありました。教会の日曜学校に通っていたという設定でしたね。原作者倉本聰の両親がクリスチャンで、倉本氏自身もキリスト教幼稚園の卒園生。おじは有名な新約聖書の学者山谷省吾です。