きょうまでまもられ

 

聖歌292番を作詞したのは笹尾鉄三郎牧師です。明治元年に三重県の津で生まれた彼は若くして慶応大学に学びます。福沢諭吉から将来を期待され、アメリカに留学しますが、留学先でイエス様を信じて洗礼を受けるのです。この賛美は彼の29歳のときの作品で、当時は島根県の松江でバックストン宣教師とともに働いていたころです。再臨信仰がにじみ出た賛美です。その後、東京に出て、今も新宿にある淀橋教会を設立するなどして大きな足跡を残しますが、46歳の若さで天に召されました。