ペリーヌ物語

 

日本で最初にこの物語を翻訳した五来素川(欣造とも)はクリスチャンで、明治時代の牧師、植村正久の指導を受けていました。当時の週報から教会では日曜学校の校長の奉仕もつとめていたことも分かっています。当時は「ペリーヌ物語」ではなく「雛燕」という題でキリスト教雑誌に掲載されました。