死線を越えて

 

生協は、正式には生活協同組合と言いまして、戦前を代表するキリスト教の指導者賀川豊彦によって神戸から始まって全国に広がっていきました。神の国運動を展開した人物で、大正時代に書かれた自叙伝「死線を越えて」は大ベストセラーにもなりました。何回も映

                  像化もされていますね。