キュウリ

 

新約聖書ルカ3章1節に出てくるティベリウス帝。キュウリが好物で、その食卓にキュウリののぼらない日はありませんでした。彼の菜園係は車輪のついたプランターにキュウリを植えて、冬には囲いのある暖かい場所に移動、日に当てて育てたといいます。日本には7世紀には持ち込まれ、宣教師ルイスフロイスも日本のキュウリについて本国に報告していますね。