雨をふりそそぎ

 

聖歌570番を作詞したのはダニエル・ウェブスター・ホイットルです。彼は南北戦争で右腕を失い、捕虜収容所で終戦を迎えました。入院中に聖書に親しむようになります。同じ病院に入院していた瀕死の兵士とともに祈って欲しいと求められた経験を通して信仰を持ちます。戦後はシカゴにある時計会社につとめますが、後には生涯を主に捧げますと告白し、献身。著名な伝道者となりました。マクグラナハンによって曲がつけられた彼の賛美は200作品以上もあります。