タイワンマス

 

1917年、青木越雄によって発見されました。青木の上司であったクリスチャンの大島正満が論文に発表し、知られるようになった魚です。台湾のお札のデザインにもなっているみたいですね。