坂口安吾

 

新潟の生家の隣がキリスト教会だったそうです。彼は教会の鐘の音を間近に聞いて育ちました。戦後、橿原を訪れ、そのときの体験がエッセイ「飛鳥の幻 吉野大和の巻」に結実します。