けがれとあらそいは

 

南の楽園ともいわれるハワイ。ハワイを代表する楽曲ハワイアンがアロハオエです。ハワイ王国の最後の王であった第八代女王リリウオカラニによって作られました。アロハオエとは愛するあなたという意味で、「さよなら」という意味にもなるそうです。もともとは女王が失われゆく祖国への悲哀と哀愁を歌ったものでした。のちにFSカーチスによってイエスキリストの再臨を歌う歌詞があてられ、賛美になり、教会で歌われるようになったのが聖歌621番です。